おせち料理は、中国から伝わった季節の変わり目の節目、五節句に由来します。五節句は、尽日(じんじつ)1月7日、上巳(じょうし)3月3日、端午(たんご)5月5日、七夕(しちせき)7月7日、重陽(ちょうよう)9月9日、菊の節句の5つで、奈良時代には、節の日には、宮廷内で節会(せちえ)と呼ばれる宴が催され、このときに供される料理が節会料理と呼ばれたのです。この節会料理が、時代の流れとともに新しい年を迎える節であるお正月だけ、おせち料理と呼ばれるようになったのです。おせち料理で重箱に詰められる料理には、それぞれに意味と由来があるのです。

おせち料理の代表の三つ肴・祝い肴は、関東では、黒豆、数の子、田作り(イワシの稚魚の佃煮)。関西では、黒豆、数の子、たたきごぼうが詰められます。黒豆の黒い色は、道教では邪気を祓う色とされています。黒く日に焼けるほど達者(マメ)に健康に働けるようにと、無病息災の意味があるのです。

数の子は、ニシンが「かど」とも言われたことから数の子になったとも言われます。子孫繁栄の縁起ものとして祝い肴となったのです。イワシの稚魚の佃煮である田作りは、田植えをするときに乾燥したイワシを肥料にしたところ、五万俵もの米が収穫できたといういわれから、五穀豊穣を願うのです。ごぼうを叩いて酢などで和えたたたきごぼうは、黒い色が邪を祓うことと地中深く根を張ることから、豊作と息災の意味があるのです。

また昆布巻きは、「養老昆布」と書いて「よろこぶ」の語呂合わせ。栗きんとんは、色が黄色いことから黄金を意味して、商売繁盛の金運をもたらす縁起ものとされているのです。おせちのことならこちら